PRUVの基本操作(文章チェック実行前)

LINEで送る
Pocket

PRUVの使い方(インデックス)に戻る
PRUVで文章をチェックするには、テキストエリアにテキストをコピーして[チェック開始]ボタンをクリックするだけです。

画面1 PRUVの基本画面

設定を変更する場合は、「辞書&オプション機能選択」をクリックします。すると以下のメニューが表示されます。

画面2 PRUVの設定メニュー(非ログイン時)

使用辞書選択

通常利用できるのは、デフォルト辞書(解除不可)と「不快語・差別語辞書」の2つ。「不快語・差別語辞書」のみオン/オフが可能です。

漢字チェックレベル設定

デフォルトは「常用漢字チェック」。多くの新聞や雑誌は、常用漢字を基準としつつ、独自のルールを加えた表記ルールを定めており、オススメの設定です。小説などの創作物では逆に邪魔になることも多いので、「漢字チェックなし」にしてもいいでしょう。

簡易スペルチェック

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語のスペルチェックを行います。複数同時選択はできません。

例えば英語とドイツ語のチェックを同時に行った場合。英語のチェックでドイツ語がミススペルと判定され、ドイツ語のチェックで英語がミススペルと判定され、結果として全ての欧文単語がミススペルとなってしまいます。

「x文字以上の単語をチェック」は、チェック対象の単語の文字数を指定します。例えばこれを「4」にすると、世に氾濫する3文字単語(CEO、API、CMS……)を対象から外すことができます。

簡易スペルチェックは処理負荷が高い(時間がかかる)ので、オフにすると結果の出力を多少速くすることができます。

その他設定

「表記ゆれチェック」は、文章中の片仮名語や主に副詞(既に・すでになど)の表記ゆれをチェックします。片仮名語は単語の類似度を数学的に計算するという方法で検出するため、例えば「オーストリア」と「オーストラリア」は表記ゆれと見なしてしまいます。

機種依存文字チェック

特定のコンピュータやOSでしか表示されない可能性がある文字をチェックします。読み手の環境が特定できない場合は使用を避けることをお勧めします。