PRUVの基本操作(文章チェック実行後)

LINEで送る
Pocket

PRUVの使い方(インデックス)に戻る
「常用漢字チェック」「英語(米国)」「表記ゆれチェック」「機種依存文字チェック」をオンにしてチェックを実施すると以下のようになります。

画面3 文章チェック直後の画面

画面構成

画面左側に注意してほしい箇所をマーキングした文章、画面右側に説明(チェック結果)が表示されます。左側の色が変わっている箇所をクリックすると、説明の該当箇所にジャンプします。また、説明の青文字(「第x文」)をクリックすると、文章の該当箇所にジャンプします。

凡例

マーキングの意味を知りたいときは、画面左側の最上部にある「凡例:表示/非表示切り替え」をクリックしてください。

画面4 凡例の表示

緑色でマーキングされた箇所はないので、PRUVで検出できるレベルの表記ゆれはないということになります。

「凡例:表示/非表示切り替え」をもう一度クリックすると凡例が非表示状態に戻ります。

単語の説明

マーキング箇所に限らず、画面左側の文章表示で単語にマウスポインタを合わせると単語の説明が表示されます。

画面5 「天正」にマウスポインタを合わせた場合

入力欄への移動

画面を少しでもスクロールすると、右下にナビゲーションが表示されます。続けて文章をチェックしたい場合は、「入力欄」をクリックすればテキストの入力欄にジャンプします。

画面6 「入力欄」をクリックしたところ