外部サービス呼び出し機能(PRUV Business向け)

LINEで送る
Pocket

PRUVの使い方(インデックス)に戻る

PRUVで文章をチェックした際、単語をもっと詳しく調べたいと思うことが多々あります。適切なサイトに単語をコピー&ペーストするだけのことなのですが、これをPRUVから直接実行したい。というわけで、検索エンジンやオンライン辞書/事典を呼び出せる機能を追加しました。

まず、左カラムの「辞書&オプション機能選択」を開きます。

デフォルトはオフ

外部サービスの選択

「外部サービス呼び出し機能設定」の「外部サービス呼び出し機能を使う」(デフォルトはオフ)をオンにすると、

外部サービスの選択

使用できる外部サービスが表示されます。使いたいサービスをオンにしてください。

PRUVで文章をチェックし、チェック済み文章の単語にマウスポインタを合わせるとツールチップが表示されます。ここに先ほど選択した外部サービスがリストアップされます。後は使いたいサービス名をクリックするだけです。

ツールチップにマウスポインタを乗せるのに若干コツが必要ですが、すぐに慣れると思います。

拡張されたツールチップ

動詞や形容詞などの活用語は基本形に変換します。上の画面の場合、「黙る」の命令形「黙れ」を基本形「黙る」に変換しています。

Googleを呼び出したところ

Googleを選択すると新規タブを開き、「黙る」で検索します。見ての通り、GETメソッドでキーワードを渡しているだけという、実に単純な機能です。つまりGETメソッドでキーワードを渡せる(検索語が含まれるURLを生成するだけでよい)サービスであれば追加することも可能です。