都道府県と市区町村の対応チェック機能

オンライン文章校正支援サービス「PRUV」に新機能を追加しました。

「都道府県名+市区町村名」という文字列があった場合、その対応をチェックします。対応がおかしい場合は、正しい都道府県名を指摘します。

例:
埼玉県厚木市→「厚木市」は埼玉県ではなく神奈川県です。
青森県伊達市→「伊達市」は青森県ではなく北海道あるいは福島県です。

なぜこのような機能を作ったかというと、私の勤務先に「茨城県大洗町」を「福島県大洗町」と書いてしまった人がいたからです。「人は必ずミスを犯す」という観点に立てば、彼を責めるよりミスを防ぐ手段を考える方が建設的というものです。

なお、市区町村データは総務省の「全国地方公共団体コード」をベースとしているため、「DASH村」や「ダシュウ村」はチェック対象外となります。

「バッファローズ」「バファローズ」辞書追加

オンライン文章校正支援サービス「PRUV」にいただいたご意見・ご要望への対応報告も極力行っていくことにしました。

このたびは、

バッファローズ→バファローズも紛らわしい社名ですが対応していません。

というご意見を頂戴しました。ありがとうございます。早速辞書に登録しました。

「XXXXバッファローズ」というチーム名も存在するので、PRUVでは「オリックス・バッファローズ」を間違いとして指摘、「バッファローズ」の場合は注意を促すという形にしました。

処理速度が大幅に高速化しました

オンライン文章校正支援サービス「PRUV」をアップデートしました。

PRUVの内部構造を全面改定して、処理時間を短縮しました。5KBのテキストだと、待ち時間が20~30秒くらい短縮しています。従来の仕様には辞書登録数が増えれば増えるほど処理時間も長くなるという問題がありましたが、今バージョンから辞書登録数の影響はほぼなくなりました。

とはいえまだまだ満足できるレベルとはいえません。もっと高速化したいところですが、プログラムによる高速化には限界があります。そろそろハードウェアレベルの強化を考えるべきかもしれません。