PRUV開発室

文末表現チェック機能リリース

カテゴリー:新機能  作成日:2024-05-16

同じ文末表現を多用すると稚拙な文章に見えてしまいます。これを回避するのに有効なのが、今回PRUVがリリースした「文末表現チェック機能」です。表現力の豊かな文章を作成する一助としてご活用ください。

本機能は2種類の動作をします。

一つは「同じ文末の連続」を検出する機能。もう一つは「同じ文末が一定の範囲内に存在するかどうか」を検出する機能です。

一般的に、「~です」「~だ」といった文末を3回以上連続させるのは好ましくないとされています。しかし特に敬体(ですます調)は文末のバリエーションが少ないため、同じ文末表現が連続しがちです。

「同じ文末の連続」検出機能によって連続を検知して文末を他の表現に変えることで、これを回避できます。

続きを読む

PRUV TrialでAIチェックなどの機能を提供開始

カテゴリー:お知らせ  作成日:2024-01-13

PRUV Trialの機能の見直しを行い、これまでPRUV Pro/Business専用だったAIチェックや名前ゆれチェックなどの機能を開放しました。今回の変更により、PRUV TrialでPRUV Pro/Businessの機能のほとんどをお試しいただけます。

同時に、サーバの負荷低減を目的とした変更も実施しました。

特にデータベースへの書き込み処理は負荷が高いことから、PRUV Trialでは辞書&オプション機能の選択状態と読みやすさチェック用の統計データの保存を廃止しました。なお、ログイン期間内は辞書&オプション機能の選択状態をセッションで保持します。

PRUV Trialで1回に入力できる文字数は400文字となります。PRUV Pro/Businessの機能をより多くお試しいただくこととサーバの負荷低減を両立させるため、このような仕様となりました。ご了承ください。