PRUV開発室

年月日と曜日の齟齬チェック追加

カテゴリー:新機能  作成日:2020-05-15

オンライン文章校正支援サービスPRUV(プルーフ)に年月日と曜日の齟齬をチェックします。時々発生する、「月日と曜日が合わない」パターンを検知します。

例えば、2020年5月15日は金曜日ですが、「2020年5月15日(土)」とすると誤りと見なします。

PRUV API Ver.2リリース

カテゴリー:新機能  作成日:2020-05-09

オンライン校正支援サービスPRUVのAPI Ver.2をリリースしました。

Ver.2では文章校正のオプションを追加しました。辞書のオン/オフ、スペルチェックする/しないなど、PRUVのサイトとほぼ同じ設定が可能です。詳しくはマニュアルを参照ください。

単位換算機能のバグ修正

カテゴリー:バグ報告  作成日:2020-04-11

PRUVの単位換算機能(単位換算辞書使用時)の軽微なバグ?を修正しました。

例えば通貨レート換算で「4兆3000億ドル」のような大きな数値のとき、日本円が指数表記(「E+12」など)になってしまうという問題です。変換値自体は間違っていないのでバグとは言い切れませんが、直感的に把握しやすい表記ではありません。

指数表記しない処理を加え、現在は4兆3000億ドルを「466兆8080億円」(4/11時点)と表示するように改めました。

PRUV APIサービス運用開始

カテゴリー:新機能  作成日:2020-03-15

PRUV APIを正式リリースしました。GETメソッドリクエストでPRUVの機能を利用することができます。

既に、複数の組織で独自/商用CMSやWordPressに組み込むプロジェクトがスタートもしくは完了したとのお知らせを頂いています。

APIサービス版PRUV αリリース

カテゴリー:お知らせ  作成日:2020-03-03

PRUVのAPIサービスα版をリリースしました。現在はテスターIDをお持ちの方のみ利用可能です。

チェック対象の文章をGETメソッドで(つまりURLのパラメータとして)PRUVに送信すると、チェック結果をXMLで返すサービスです。利用者側の開発も必要になりますが、APIサービスを利用すればCMSなどにPRUVのチェック機能を組み込むことも可能です。

メールレス運用が可能になりました

カテゴリー:お知らせ  作成日:2020-02-29

個人情報を登録することなくPRUVを利用できる「メールレス運用」が実現しました。

メールによる本人確認を組織/グループ管理者が代行する仕組みなので、利用できるのはPRUV Businessのみとなります。

メールレス運用のための手引き(メールレス運用ガイド)を用意しましたのでご活用ください。

メールアドレス不要のユーザー管理機能実装中

カテゴリー:お知らせ  作成日:2020-02-15

PRUV Businessでメールアドレス不要の運用を実現する機能を実装中です。PRUVに個人情報を一切登録する必要がなくなるため、より安全にご利用いただけます。

その代りとして、ユーザー登録やパスワードリセット&再発行は各組織の組織管理者あるいはグループ管理者に行っていただくことになります。メールによる本人確認ができないため、各ユーザーによるセルフサービスは利用できなくなります。

ユーザー辞書のバグ修正

カテゴリー:バグ報告  作成日:2020-01-30

「PRUV」のユーザー辞書機能のバグを修正しました。

チェックルールを新規登録する際、一部のユーザーで「活用形を自動生成する」をオンにしても活用形が生成されないというものです。現在は解決しているはずです。

ご迷惑をお掛けしました。

既存ルールの無効化ルール実験中

カテゴリー:お知らせ  作成日:2020-01-26

「PRUV」のチェックルールの新機能として、「既存ルールの無効化」を検討中です。

PRUVの指摘は常に正しいわけではなく、誤検知が発生します。そこで、無視したい指摘を無効化するルールを設定できるようにします。

下記は標準状態。

外部検索エンジン&辞書サービス連携機能テスト中

カテゴリー:お知らせ  作成日:2020-01-10

PRUVで文章をチェックした際に、単語をさらにググッたり辞書引きすることがあります。これをPRUVからシームレスにできたら……ということで、単語のツールチップに外部サービスを呼び出す連携機能を追加してみました(テスト環境のみ)。

ポップアップしたツールチップで「Google」を選べばその単語でGoogle検索、「Wikipedia」ならWikipediaで検索します。意外に便利だったのが、シソーラス検索できる「Weblio類語辞典」。同じ表現が連続してしまった際の言い換え候補を探すのが実に楽になります。頻出単語チェック機能にも応用できそうです。