英独仏伊西簡易スペルチェック

オンライン文章校正支援サービス「PRUV」に新機能を追加しました。

YAEKAさんにご要望いただいたドイツ語(ドイツ)スペルチェック機能です。ついでに、フランス語、イタリア語、スペイン語も追加してみました。

やろうと思えばイギリス英語やドイツ語(オーストリア)、グルジアもといジョージア語やハンガリー語などにも対応できるのですが、対応言語を増やすとUIの見直しも必要なので取りあえずこの5カ国語としました。

辞書&オプション機能選択メニューを開いて言語を選ぶか、オフにしてください。

ユーザー管理機構を再構築、新システム移行はこれから

PRUVのユーザー管理機構を全面的に再構築しました。これから順次、既存ユーザーを新システムに移行していきます。

新システムは従来の「グループ」に加え、複数のグループからなる「組織」を新設。グループ管理者はグループを、組織管理者は複数のグループを管理できます。グループ辞書の管理もこれに準じます。

なお、新システムからユーザー管理者とグループ辞書管理者を分離可能にしました(1人が兼務可能)。1人の組織管理者が複数グループのユーザーと辞書を管理するもよし、各グループにユーザー管理者と辞書管理者を配置して管理を移管するもよし。全ユーザーに組織管理者権限を付与することも可能です。オススメはしませんが。

新ユーザー管理画面(組織管理者モード)。グループ管理者の場合は自分が属するグループのメンバーのみリストアップされます。この画面でユーザーの削除やユーザーの所属グループ変更などが可能。
続きを読む →

AIを校正に応用する挑戦

PRUVにAIを応用できないものかと考えて幾年、ようやく形になってきました。「AI」といっても知能と呼べるようなシロモノではなく、単に「ディープラーニングによって構築した言語モデルでパターンマッチングを行い、単語(形態素)の出現確率を推論する機能」なのですが、長いので便宜上「AI」に短縮します。

正しい(あるいは誤りが少ないと思われる)文章を学習させ、「次に現れる単語」の確率を計算させます。この確率がしきい値以下であれば、「間違いじゃね?」という反応をするというわけです。以下のように結果を出力します。ある商用Webメディアに実際に掲載されていた文です。

続きを読む →